FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    志村坂上 「よし田」
    2008年06月17日 (火) 23:15 | 編集
    池袋での、朝方からの肉体労働(笑)を済ませ、ちょっと一息いれバスに乗り込む。
    行き先は、「志村坂上」 niko.gif
    ちょっと前に見かけたお店が気になり、今日のお昼はぜひそこで頂こう♪と、向かってみることに。

    「志村坂上」の駅上を通る国道17号線沿いを、池袋方面に向かって歩いていくと・・・

    08-6-17 看板 道
    通りの激しい通り沿いの歩道に、ふっと大きな看板に行き当たる。

    こ、ここだっ bikkuri.gif
    と、看板の後ろの、ふと左の路地へ顔を向けると・・・

    08-6-17 店遠目



      一軒の住宅の壁に、
      「季節料理 手打蕎麦」 
      の文字が浮かび上がってる。


    一軒家屋のお店とは知らずに来たので、やや緊張しつつ路地を入ると・・・
    すっと、さりげなく降ろされた藍色の暖簾の入り口が目の前に。

    08-6-17 店

    上品で、静かに醸し出す雰囲気には、どこか料亭のような風情さえも・・・。

    志村坂上 「季節料理 手打蕎麦 よし田」

    暖簾の奥の扉を開こうとしながら横を見やると、小さいながらも品のいい日本庭園を思わせる小庭まで。

    08-6-17 店横庭

    すぐ前は、ひっきりなしに車の通る大通り沿いだということを、忘れてしまいそう。

    と、緊張した心地を感じつつ、扉を引くと・・・
    そこは、どこか懐かしさを感じる、ゆったりとした玄関。

    靴を脱ぎ上がると、昭和の空気を思い出すしっとりとした和室が広々と広がっている。

    08-6-17 店内

    目の前には、厨房をぐるりと囲んだ、掘り炬燵のカウンター席があり、その後ろにはゆったりとした掘り炬燵のテーブル席が三卓。

    ぴしっと貼られた障子の先には懐かしい縁側があり、大きく取られた窓からはお庭をも見渡せる。
    どこからか、すぅ~っと入ってくる風が心地いい・・・futt.gif

    「こちらにどうぞ・・・」
    と、きりっとした(素敵な)ご主人が厨房から、カウンターの席の一角に通して下さる。

    08-6-17 店内カウンタ08-6-17 店内 はり

    肌に馴染む白木のカウンターの席に腰を下ろすと、ふっと和んでしまいそう。
    昼時にもかかわらず、ゆったりと空気がくゆねていくような、安らぎと心地の良さ。

    これは・・・、
    是非とも、ゆっくりとしていきたい futt.gif

    と、置かれていた品書きの中から、「磯自慢 吟醸」をお願いすることに。

    08-6-17 酒とあて

    程なく片口の器でお酒が出され、
    「お通しです」と、そっと置かれたふたつの小鉢。

    08-6-17 酒のあてアスパラ

    ひとつは、「ホワイトアスパラガスのお浸し」で、アスパラ独特の風味に、優しい出汁醤油がお酒に程よい。

    08-6-17 酒のあて梅

    そして、色も鮮やかな「青梅」。ふわりとした口当たりの、爽やかなもの。

    それと・・・。
    せっかくの「季節料理」と書かれたお店、何かお料理も頂いてみようと、改めて品書きを広げてゆっくりと吟味。
    好みの「青菜の胡麻和え」や、「炙り明太子」などに惹かれたが、結局、「天せいろ」を天先でお願いすることに。

    厨房が目の前なので、きびきびと繰り広げられるご主人の手さばきを眺めているのも、又楽しい。
    そして、天つゆと塩が添えられ、天ぷらが置かれる。

    08-6-17 天ぷら

    美しく盛り付けられた天ぷらは、海老が二本にシシトウ、ナス、カボチャに、茗荷が添えられて。
    衣のさっくりとした天ぷらで、素材の味わいが生かされた、軽やかなもの。塩で、天つゆで・・・、お酒と共にゆっくりと楽しむひととき futt.gif

    たっぷりと、この時間を楽しんだ後で・・・、ではそろそろ、とお声をかけてお蕎麦をも。

    08-6-17 せいろ

    丁寧に盛り付けられて出された蕎麦は、長方形の蒸篭に盛られて。添えられた薬味の葱、山葵のしつらえも丁寧な施し。

    08-6-17 せいろアップ

    茨城の蕎麦、二八で打たれているとの蕎麦は、角の立った丹精な細切りの蕎麦。
    手繰り寄せると、ふわ~と香ばしい穀物の香りが豊かに漂う。

    08-6-17 せいろどアップ

    口に含むと、しゃきっと冷水で〆られた感触が心地のいい、たおやかさのある腰加減。のど越しも爽やかな蕎麦は、素直に美味しいと思わせるもので、強烈ではないが、食べ進めるに従い、じわじわと蕎麦の風味が広がってくる。

    08-6-17 せいろ食べ

    しばしそのままの蕎麦を楽しみ、汁を頂くと、これが又美味しい。突出したところのなくさりげなく引かれた出汁の風味を感じられる、まろやかで雑味のない、きれいな汁。
    蕎麦を絡め頂くと、さらに蕎麦の風味に一味加わるようで、これは美味しい futt.gif

    と、食べ終える頃合ぴたりと出された、熱々のナチュラルに白濁した蕎麦湯を注ぎいれ、改めて汁の旨さを実感し、しみじみと頂く最後のひととき。

    と、ご主人が、
    「このお近くなんですか?」
    とお声をかけて下さったことから、少々お話なども。
    まだこちらに開かれて1年程とのこと。まるでずっと前からあるような、落ち着いた老舗の貫禄さえも感じるお店に、これはびっくり。それまで手打ちのお蕎麦も出す、日本料理のお店などで働いてきたそう。

    成る程、それで「季節料理」なのか・・・、
    と、天ぷらの美味しさ、汁の旨さを納得してしまう。
    話出すと、親しみやすさもある、笑顔のかわいらしいとても素敵なご主人。
    是非、ゆっくりとご主人のお料理も、もっといろいろと頂いてみたくなってしまう。

    「またいらして下さい」
    と丁寧におっしゃって下さる言葉もうれしく、お店を後に。

    こんな大通りのすぐ裏に、ちょっとワープしたかのような素敵なお店。
    又伺いたいなぁ、と思いながら・・・
    ご馳走様でした~hahha.gif


    *お品書き
    せいろ 700円、重ねせいろ 1,300円、ごまだれ 1,000円、ぶっかけ、そばとろ 1,100円、天せいろ 1,400円、海老天せいろ 1,500円、鴨せいろ 1,600円、刻み葱そば 1,100円、花まき 850円、鴨南蛮 1,600円など

    胡麻豆腐 650円、蕎麦味噌 420円、もずく酢 600円、そばがき 850円、さつま揚げ 750円、出し巻き(関西)、卵焼き(江戸前) 850円、このわた 900円、とりやき 1,000円、青菜の胡麻和え 420円、炙り明太子 650円、穴子の天ぷら 1,000円、鴨陶板焼き 1,600円
    八海山(本醸造)、出羽桜(純米吟醸)、黒龍(純米吟醸)、獺祭(純米吟醸)、磯自慢(吟醸) 750円~900円



    08-6-17 看板 店前
    季節料理 手打蕎麦 「よし田」

    板橋区小豆沢2-15-8
    03-3966-5522
    11:00~14:00 / 17:00~21:30
    水曜、第2、4火曜定休
    禁煙





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    Re: AKIRA様
    26年だと、新店舗はまだまだ先のようなんですね~。

    電車だと、志村坂上から結構近そうなので、
    是非、行ってみます。
    詳しい説明、本当にありがとうございます!
    2013/08/10(土) 07:21:32 | URL | yuka #-[編集]
    完成ですが
    志村坂上まで行く機会がありましたので、建築計画を確認してきました。

    平成26年3月31日完成予定で、地上10階建。店舗は6月中旬開店予定となっていました。

    ちなみに仮店舗は、都心から中山道を来た場合、変則五叉路の志村坂上交差点を左折した志村銀座通りの次の信号の先、右手の2軒目くらいです。

    信号の手前には「尾張屋」さんもあったりします。
    2013/08/08(木) 20:20:49 | URL | AKIRA #8uYof0pw[編集]
    AKIRA 様
    情報ありがとうございます!
    以前のお店からお近くなのかしら…

    私も建て替えで、あの情緒ある風情を心配ですが、
    新しいお店も行ってみたいです。
    完成はいつくらいなのか、御存じでしたら教えて下さい<(_ _)>
    2013/07/12(金) 08:56:03 | URL | yuka #-[編集]
    書き忘れていましたが
    こちらのお店は現在建替中で、同じ志村坂上で仮店舗にて営業中です。

    立替後は集合住宅兼店舗の、そこそこ大きなビルになるようですが、一軒家当時の趣が残されることを願うばかりです。
    2013/07/11(木) 21:02:31 | URL | AKIRA #8uYof0pw[編集]
    笑門来福様
    コメントありがとうございます♪
    早速行かれたんですね(^^)。
    穴子の天ぷらも、さぞよかったんじゃないかなぁ、と思われます。

    是非、次回は蕎麦前も楽しんで下さい。
    ご主人も、素敵な方でしたし、是非お話も(^^)。

    私も・・・
    こちらのコースを、頂いてみたいなぁ、などと思っているところです。
    2008/06/27(金) 22:18:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こんばんは。
    こちらの記事で、おぉ~っと思い
    本日昼、行ってまいりました。
    方向音痴の私は、中山道一里塚のところで
    歩道がなくなって「?」となり、
    危うく迷子になりかけましたが、
    こちらのお店外観写真を思い出しなんとか辿りつきました。

    今日は蕎麦前なしの、穴子天せいろです。
    次回は、ゆっくりと他の肴と日本酒を堪能したいと…楽しみをとっておきました。

    設えも、とてもとても良かったです。
    それにしても、yukaさまはこのようなお店をどうやって見つけているのでしょう?
    気を付けて歩いてやっと見つけられるロケーションですから…
    凄いなぁ~と感心して帰途につきました。
    2008/06/26(木) 23:18:44 | URL | 笑門来福 #-[編集]
    パスカル様
    ありがとうございます!

    早速、訂正しておきます。
    これからも・・・
    暖かく見守って下さいっっ。
    2008/06/22(日) 23:45:36 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    AKIRA様
    そう、そう、あの通りの看板が、とってもそそられるんですよね♪

    でも、昼時は、蕎麦前なしのお客さんもいらっしゃいましたよ。
    とは言え、この雰囲気、
    やっぱり・・・
    頂きたくなってしまいます。

    一度、ぜひ・・・(^^)
    2008/06/22(日) 23:44:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    住所
    初めてコメントさせて頂きます。パスカルです。いつも楽しく拝見しております。
    住所が古豆沢になっていまして、正しくは小豆沢では...
    すみません、こんなコメントで...
    応援しています。
    2008/06/22(日) 19:11:39 | URL | パスカル #-[編集]
    志村坂上は
    月に4~5回行ってまして、
    前から気になっていた店です。

    ただ、店構えから蕎麦前なしには…
    と思っていまして、平日の昼間に
    この辺りに行くの私にはなかなか
    伺うことが出来ずにいました。

    実はmixiでこの辺りの気になる所を
    UPしたばかりです。
    当然この店も入っています。
    あまりのタイミングに驚きました。
    2008/06/22(日) 10:42:12 | URL | AKIRA #8uYof0pw[編集]
    よしの様
    あ、そっちでしたか・・・(^^;
    字数が違うですよ~。

    でも、懐かしい。私も、夕飯をよくご馳走になりました(^^;;

    それはそうと、脚力、すごいじゃないですか♪
    私も、ラクダではなく、馬デビューしたいなぁ、などと思っているところです。
    2008/06/20(金) 07:39:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    >それは、硬?軟?
    う~ん、ちょっと文字が出てなくて誤解させてしまった
    ようです(スミマセン

    家▲教▽でした(週に3日はやってたなぁ)

    さて、軟硬でいうなら硬式を20年ほどやってたことが
    あり、しっかりと肩・肘・手首とひととおり痛め、いま
    でも肘が痛い。
    (やっと真っ直ぐに伸びるようになりました)

    で、「硬」は引退し、今では脚力に頼ることが多い
    ですね。

    あ、蕎麦な話題がありませんでしたねえ(失礼!!)
    2008/06/19(木) 13:50:48 | URL | よしの #-[編集]
    よしの様
    まあ♪素敵・・・
    それは、硬?軟?

    そうそう、その頃には、まだお店はなかったかもしれません。
    でも、きっと・・
    この家はあったかと(^^)
    (それぢゃ、意味ない・・・?)

    実は初めて歩いた町でした~(^^;
    2008/06/18(水) 22:57:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お値段はさておき
    酒肴が良いですね。

    むか~し志村坂上には毎週行ってました。
    (ええ、○庭○、なんてガラにないもの)

    で、(当然でしょう)そのころは無かったお店
    なんでしょうねえ。
    2008/06/18(水) 22:42:53 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >