FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    亀戸 「山水」
    2008年06月27日 (金) 21:24 | 編集
    亀戸に新しくお蕎麦屋さんができたよ、と聞いてほぼ一年。
    ずっと行ってみたい、と思いながらまだ行けずにいたところ。

    朝方からの花活けの仕事を済ませ、外に出ると昨日と打って変わってのいい天気。
    行ってみようかな niko.gif と、ふと亀戸へと出向いてみることに・・・。

    08-6-27 店

    亀戸北口の大きな通りを渡り、いくつかの角を左に折れると、ちょっと静かな通り道。
    その通り沿いに、緑の暖簾をすっと降ろした、格子窓の涼しげなお店に行き当たる。

    亀戸 「手打ち蕎麦 山水」

    扉開き入ると、ふっと広がる柔らかな空気に溢れた空間。
    優しい照明に包まれ、白木で統一したテーブル席が並ぶ、見渡しのいい一つのフロア。

    1時を回ったばかりの平日の昼下がり。
    何人かのお客さんがゆっくりと寛ぐ中、笑顔で迎えて下さる花番さんに通され、ゆったりとしたテーブル席に腰を下ろす。

    08-6-27 店内

    くり貫きの飾り壁や、心地よく落とされた間接照明。
    後ろには心地のいい音楽が流れる中、座り心地のいい椅子に座ると、途端にこの空間に馴染んでしまいそう futt.gif

    すぐに出して頂いたお茶を頂きながら、置かれている品書きを開くと「せいろ」下の、限定10食「粗挽きそば」の文字に目が留まり、心が躍る。
    さらに、手ごろな値段で豊富に揃う品書きに、お酒もほどよく揃ってる。

    これは是非ともゆっくりしていきたい・・・、
    と、お酒のリストの中から「裏雅山流 香華」をお願いすることに。

    08-6-27 酒器

    程なくして出されたお酒が又素敵。
    南部鉄瓶だろうか、上品な平形の鉄瓶で、注ぐのも楽しい。
    それに、蕎麦の実の混じったこってりとした蕎麦味噌が添えられて。

    ゆっくりとお酒を口にしつつ、再び品書きを手にし、お料理を吟味。
    魅力的な品書きの中から、「揚げ出し豆腐」をお願いすると、
    「少々、お時間かかりますが・・・」
    とのこと。量は多くないとのことなので、待つ間にと、蕎麦屋には珍しい「いかげそ」もお願いすることに。

    頼むとすぐ、まずは「いかげそ」が出される。

    08-6-27 げそ

    出汁醤油がかけられ、生姜が添えられたいかげそは、ぷるぷるとした身の味わいあるいかげそ。かけられた醤油も美味しく、これはお酒にはうれしい一品。烏賊好きとしてはうれしいなぁ・・・heart.gif

    これをつまみ楽しんでいると、しばしして「揚げ出汁豆腐」も置かれる。

    08-6-27 揚げ出し豆腐

    表面がかりっと揚げられた豆腐は、口に含むとあっつ熱。なめらかでとろりとした絹ごし。出汁に浸されても、カリカリの表面は変わらず、とても香ばしい。
    これは美味しい~っlove.gif

    見ると周りのお客さんは、ほぼ皆さん、「天せいろ」を頂いているようで、見るとこれもとても美味しそう。天ぷらも良さそうだな~・・・。

    などと思いながら・・・、
    目の前のお料理もすっかり気に入りお酒にお料理でしばし憩うひと時。
    何より手ごろな値段え少量ずつ出されるのは、一人にはうれしい。

    花番さんの優しい微笑みも気持ちよく、しばし楽しんだ後は・・・
    いよいよお蕎麦をも niko.gif

    改めて品書きを広げページを捲っていると、蕎麦についての丁寧に書かれている。
    選りすぐった産地の蕎麦を自家製粉し、5分ほどのつなぎで打っているとのこと。

    08-6-27 蕎麦は・・08-6-27 打ち場

    見ると、入った時に見落としてしまっていたが、入り口近くには打ち場があり、中に石臼が鎮座するのも見てとれる。

    08-6-27 黒板めにゅー

    さらに、壁には黒板に「本日の産地」も書かれていて、次第に期待が高まりながら、「限定10食の粗挽きそば」をお願いする。

    程なくして出された、笊に盛られた蕎麦を一目見てうれしくなってしまう。

    08-6-27 粗挽き

    やや太めに切られた蕎麦は、角の立った見るからに粗挽きの蕎麦。
    どこか透明感を感じるグレーの蕎麦で、豪華に蕎麦の欠片が散りばめられた、野趣溢れた姿。

    08-6-27 粗挽きアップ

    ほおっと見とれながら、手繰り寄せると時期的なものもあるのだろう、香りはやや穏やかめ。だが、それでもふわりと仄かに穀物の香りを感じられる。

    08-6-27 粗挽きドアップ

    口に含むともちもちとした強い歯ごたえのある、しっかりとした腰。この感触が楽しく、かみ締めていくと、欠片が弾けたようにふわりと蕎麦の風味が漂う。ガツンとした強烈な味というのではないが、しっかりと味わいがあり、これは美味しい・・・ love.gif

    08-6-27 粗挽き食べ

    切り巾、長さも丹精なのも心地よく、粗挽きでありながら、もそもそしたところのない喉越しのいい蕎麦に夢中になってしまう。

    汁は出汁がきっちと感じられる、やや甘みを含むまろやかなもの。雑見なく、するりと伸びる濃い目の物で蕎麦に絡まるとさらに旨さを感じられる。

    08-6-27 蕎麦湯

    そして、食べ終わる頃合をきちんと見て出された蕎麦湯は、とろとろのポタージュ。
    熱々の蕎麦湯をこの汁に注ぎいれ頂くと、これが又美味くてたっぷりと頂く、余韻に浸る最後の楽しみ・・・futt.gif

    心から満足、満喫した思いでいると、他にお客さんもなくなったこともあり、中からご主人が顔を出して下さり、しばしお話なども。
    てっきり一茶庵の出の方と思っていたら、一茶庵は最後にちょっと習ったもので、他いくつかに修行されたりしていたそう。
    「どちらかというと・・・、我流なんです」
    と、すらりとしたまだお若そうなご主人から、内に持つ信念の強さをが感じられるよう。

    しっかりとしたお料理に、この蕎麦。
    まだ一年とは思えない素敵なお店に、来てよかった・・・、と心から思えてくる。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    又、ぜひ・・・、伺いたいなniko.gif


    *お品書き
    せいろ、粗挽き 750円、とろろ 900円、青ねぎおろし 1,100円、野菜天せいろ 1,200円、天せいろ 1,300円、ぶっかけ 1,200円、つけ鴨せいろ 1,300円、かけ 750円、玉子とじ 950円、湯葉とじ、野菜天ぷら 1,200円、鴨南蛮 1,300円、釜揚げ蕎麦 750円、豚せいろ 950円

    味噌きゅー、揚げ出し豆腐、いかげそ 300円、ぼろ豆腐、お浸し 400円、茄子揚げ出し 450円、板わさ、焼味噌、揚げ出しとろろ 500円、湯葉刺し 600円、出し巻き、玉子焼き 700円、鴨治部煮 750円、鴨燻製 800円、蕎麦がき 1,000円など
    樽酒、大七、裏雅山流、五大天地大、磯自慢吟醸、醸し人九平治、満寿泉大吟醸 500円~750円



    08-6-27 店よこ
    「手打ち蕎麦 山水」

    江東区亀戸6-24-8  
    03-3684-0543
    12:00~15:00 / 17::30~21:00
    月曜 定休(祝日営業翌日休)
    禁煙


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    hoho様
    TBありがとうございます。

    本当に・・・
    このお店近くに欲しいな~と思ってしまいました。亀戸近くの方が羨ましいです♪

    これからも、(ご主人共々)よろしくお願い致します(^^)。
    2008/06/29(日) 22:56:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こんにちは
    トラックバックありがとうございます。
    ブログ「旅好き美味いもの好き」のnahoです。

    この界隈では今のところ一番かな~って思っています。
    こちらからもトラックバックさせてくださいね!
    2008/06/29(日) 16:35:28 | URL | naho #-[編集]
    蕎麦麩羅座様
    やっと行ってこられました♪
    素敵なお店ですね(^^)。

    店内ももちろん、お料理、お蕎麦とよかったです。(私は揚げ出し豆腐、かなーり気に入ってしまいました♪)
    それと、こちらの粗挽きは好みのもの。
    少々遠いですが、また伺いたい・・・と思っています。

    はい、ご主人、シャイな感じで・・(^^)
    でも、いい印象に残っています。
    てんぷらも食べてみますね♪
    2008/06/29(日) 11:12:20 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ようこそ!?
    ~ yuka様 ~
    山水さん、行かれたんですね~。

    >ほぼ皆さん、「天せいろ」を頂いているようで・・・
    はい、OPEN当初よりグ~ッと良くなりましたよ~!
    (と、生意気を申していますが・・・)
    今度は天麩羅も召し上がってみてください。

    こちらのご主人も真面目なかたで、おそらく・・・
    はにかみながら そして頭を掻きながらyukaさんとお話されたのでは?(笑)

    私も今度は夜に伺い、九平次でまったりしたいと思っておりま~す。
    イベリコ豚の味噌焼なんかも食べてみたいなぁ~。
    それでは、また・・・。

    2008/06/28(土) 14:51:44 | URL | 蕎麦麩羅座 #Em2V9n2M[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >