FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    永山 「ふさよし」
    2008年06月29日 (日) 23:13 | 編集
    所用永山へ向かいがてら、何でも地元で評判のいいお店があるとのことなので、お昼を食べに行ってみようと向かってみることに。

    カーナビの指示に車を走らせると、行き着いたのは多摩ニュータウン愛宕町、京王スーパーがあるちょっとしたショッピングセンター。
    その一角に、藍色の大きな暖簾を広げたお店がすぐ目に留まる。

    08-6-29 店

    多摩市愛宕町 「そば屋 ふさよし」

    お店の前には品書きが置かれ、ちょっと目を通しすと、何ともリーズナブル♪。

    08-6-29 品書き08-6-29 品書き2

    もしかして手打ちではないのかも・・・、とちょっと危惧しながらも扉を開きお店へと。

    すでに2時になろうとする時分、しかも休日の雨の今日だからだろう、他にお客さんのいない中、すぐに「いらっしゃいませ」と、感じのいい花番さんの声に出迎えられる。

    入り口すぐのところには大テーブルが置かれ、横にはほっと和んでしまいそうな小上がりの席。
    奥に4人がけのテーブルが二つあり、その上にはテレビがかかってる。
    町中の、気兼ねないお蕎麦やさん、という雰囲気たっぷり。
    なんだか、ふっと肩の力が抜けるような親しみやすさを感じ、このテーブル席に腰を下ろす。

    08-6-29 店内

    腰を下ろしぐるりと店内を見渡すと、どのテーブル席にも手作りのような暖かみのある座布団が置かれてる。これがなんだか温もり感を感じさせ…、きっと、平日や、夜など近所の人たちが憩い、賑わうんだろうな~と、その様子がいかにも思い浮かぶよう futt.gif

    08-6-29 品書き 黒板08-6-29 品書き 黒板2

    そして、出してもらった美味しい冷たい蕎麦茶を頂きながら、ふと壁をと見るとずらりと並んだこれもリーズナブルなお品書き。

    08-6-29 品書き 酒
    どれもなんだか美味しそう~・・・と、

    テーブルの上に置かれた品がきを手にすると、お酒のリストが挟んである。
    これもなかなか豊富に書かれたお酒のリストに、夜に訪れるのにもいいだろうな~・・・
    などと、早くも思ってしまう。


    さてさて、それはそうとお蕎麦、お蕎麦、と、お蕎麦のメニューを再び見つめる。
    この雨のせいか少々小寒く感じたので、ちょっと温かいものが頂きたく、中から「鴨せいろ」を選びお願いする。
    感じのいい花番さんに、二人で注文しながら、どこにもその文字を見つけることが出来なかったので
    「あ、あの・・・、手打ち、なんですか?」
    と遠慮がちに尋ねると、しっかりと頷き笑顔で
    「はい、そうなんですよ」
    との言葉に、ほっとしつつ待つことに。

    しゃっしゃっしゃっと、切れのいい音がし、目の前に出された「鴨せいろ」。

    08-6-29 鴨せいろ

    丸い蒸篭にお蕎麦が盛られ、横にはたっぷりとよそられた鴨汁が置かれる。

    08-6-29 せいろあ@う

    盛られた蕎麦は、更科に近いような白っぽい極細の蕎麦。艶々と光り、盛りもたっぷり。

    08-6-29 せいろどあぷ

    手繰り口に含むと、しゃきっとした腰。細くてもしっかりと歯ごたえのある蕎麦で、香り風味はあまり感じられないものの、喉越しのいい爽やかな蕎麦。暑い日でも、するすると気持ちよく手繰れてしまいそう。

    そして、鴨汁を・・・。

    08-6-29 鴨あぷ

    器たっぷりに盛られた鴨汁は、冷えた体にうれしい熱々。
    箸を入れると薄切りの鴨肉がたっぷりと入っていて、脂っこさが少なく、私にも美味しい鴨肉。さらにとろりとした葱もこれまたたっぷりと入っていて、食べ応え十分。
    汁は、鴨の出汁が染み出でた甘辛の程よい味わい。あまり濃すぎないのがこの蕎麦によく、極細の蕎麦はよく絡み、一緒に頂くとほんのり蕎麦の甘みも感じられるよう。

    すっかり食べ終わり、折を見て出された熱々の蕎麦湯を注ぎ薄め頂くと、うっすらと汗がにじんでくる。
    たっぷりの量のお蕎麦にお腹もいっぱい niko.gif

    一方彼は、「もりそば」に、小「カツ丼」を。

    08-6-29 もり

    「もりそば」は長方形の蒸篭に盛られ、薬味には山葵、葱のほかに大根おろしも添えられている様子。
    少し遅れて出された「小カツ丼」も、湯気を立てた出来立てのほっかほか。

    08-6-29 ミニカツ丼

    たっぷりの玉ねぎがロースカツとふわりととじられ、汁ダクだそうでかなり満足そう。
    しかも、ミニとは言え、結構しっかりとした量もありそうで、男の人にはいいだろうな~。

    と、ふらりと入ってきた年配の男性の方は、馴染みのようで品書きを見ずとも注文し、何やら世間話なども始めてる。
    地元に密着した、愛されているお店なんだなぁ、と思わせられるひと時。
    ご馳走様でした~hahha.gif

    最後まで、暖かみのある笑顔の花番さんが何よりも心地よかった…futt.gif


    *お品がき
    もり、かけ 480円、たぬき、きつね 550円、月見 600円、玉子とじ 650円、山かけ、とろろ 750円、冷したぬき、きつね、納豆、 700円、山菜、なめこ、鳥南蛮 800円、カレーせいろ 840円、鴨せいろ 920円、天ざる 1,000円など
    玉子丼 650円、親子丼 750円、かつ丼 800円、カレー丼 780円、天丼 950円
    小玉子丼 300円、小親子丼 400円、小かつ丼 450円、小天丼 500円など



    「そば屋 ふさよし」

    多摩市愛宕1-1-2  042-339-2344
    11:00~15:00 / 17:00~20:30
    水曜定休日
    Pあり(京王スーパー駐車場)




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    多摩アビィ様
    コメントありがとうございます♪

    近所にあったらいいなぁ、と思ったお店です。お料理もいろいろあって、いいですよね(^^)。
    ご夫婦で楽しまれるなんて、とても羨ましいです。
    2009/10/18(日) 06:59:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    行ってよかった
    ブログを見て「ふさよし」に行ってきました。
    一品料理の「油あげとじゃこのサラダ」「たこのから揚げ」他いずれも大変美味しかったです。
    お酒を飲んだ後の「冷やしたぬき」は、酒の後の蕎麦としては、無理なくいただけました。
    又夫婦で行きたいと思います。
    2009/10/17(土) 20:23:48 | URL | 多摩アビィ #.rEgMis2[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >